自由気ままな模型ライフ ガンプラ 塗装剥げ対策

自由気ままな模型ライフ

模型初心者のまったりゆったりなどうでもいいメモ帳みたいなブログ

ガンプラ 塗装剥げ対策

ガンプラって塗装後に剥げますよね。特に関節部分が。自分も最初の頃はよく剥げてせっかく苦労して綺麗に塗装したのに・・って一度挫折して、何年もガンプラから離れてた時期があります。

そこでいろいろ調べて今ではあまり剥げることは減りました。って言ってもやっぱり完全は無理ですけど。

基本はヤスってサフ吹いてクリアで、ある程度防止できるとよく聞きますけどそれだけではあまいんですね。



手順としては、①表面処理②洗浄③サフ④塗装⑤クリアー(艶消し)⑥乾燥 になります。



① 600~800番までやったほうがいいです。あとはサーフェイサーで傷は消えます。塗装すると分厚くなるんで、その厚みで擦れる確率が高い訳です。なのでその分を考慮してやすり掛けします。つまりクリアランスの確保です

あと時短テクとして320番→400番→サフ→塗装→つや消し
塗装の時点では傷は完全には消えていませんが、最後につや消し吹けば消えます。
つや消しで仕上げるならこれでありだと思います。

ディティールを埋めたくない場合は800~1000番までやってサフは吹かずに塗装→つや消し、です。

② これはすごく重要です!自分も洗うとか面倒くさいしそのままでいいやろ!って思ってましたけど、やるとやらないとではかなり差が出ますね。
素手で触っていると手油が付きます。その油のせいで塗装がちゃんの定着しないんですよね。よく購入後ランナーごと洗え!とか聞きますけど意味がないので表面処理後に洗った方が効率的だと思います。
超音波洗浄機買ってからはかなり剥げにくくなりました。てかこれだけでもかなり対策なるんでいいかと。

③ サフ吹けサフ!ってよく言われてますけどちゃんと表面処理してるんならいらないです。改造して素材が違うとかちゃんとした理由がなくただの剥げなくなるおまじないのようにただ吹いてる人が多いんじゃないかな
でも食いつきは多少良くなるんで不安なら吹いてもいいと思います。ガイアのエヴォシリーズかボデーペンのプラサフ使ってます。
自分の場合はサフに白を混ぜてそのまま関節カラーとして塗ってます。そうすることで塗膜も薄くなります。

あと強いシンナーを使えば強くなります。自分は希釈にフィニシャーズのピュアシンナー使ってます。強力で食いつきがいいです。
追記※ガイアから強い溶剤(プロユースシンナー)が出たのでそれでもいいと思います。

関節とか動く所以外は薄くサフ吹いて本塗装に入ります。

赤系→ピンクサフ
青系→水色サフ(メーカーで出てないため白サフに青で自作)
黄系→フレッシュサフ
暗色→グレー
と色によって使い分けてます。(重厚感出したい場合は全部グレーです)
白色を塗るときは白に近いグレーサフを使ってます。そうすることですぐに白になるため分厚くなりません。(白サフじゃだめなの?って事なんですが白色だと傷が発見しにくいからとグレーを混ぜると隠ぺい力が高まるからです)

④ これは水性よりラッカーの方がいいです。単純にただ塗膜が強いからです

⑤ ここも重要です。普通の模型用のクリアーでも十分いいと思いますが、自分は車用のボデーペンクリアを薄めて使ってます。これにしてからあんまり剥げなくなりました。プラ用ではないのでそのまま使うとプラが溶けるので必ず薄めてください。

⑥ 塗装後触りたくなる気持ちはわかるけど(ついつい触っちゃう)完全乾燥するまではあんまり触らない方がいいかも(^^;
できればですが、完全ににおいが消えるまでやれば完璧ですね

あと剥げそうな所はグリス塗るか、塗装しないでメラニンスポンジで仕上げってのも手ですね。上級者じゃないんで多分間違ってる部分もあるかと思いますが、これでかなり対策出来ると思います。


  

[ 2012/12/11 21:48 ] 模型製作 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL